審査が甘いキャッシング|新型貧困ルポ

新型貧困ルポ

新型貧困ルポ


突然襲われた喘息の発作

原さん(37歳男性)が会社を退職になった原因は突如として発症した喘息が原因だった。

「高校を卒業してから、地元の企業に就職しました。30歳になって係長に昇進し両親も喜んでくれていました。」

係長になってからは年収600万ほどになり、将来の為に実家を2世帯住宅に立て直しをおこなった。
ところが、33歳頃から重度の喘息を患ってしまい、発作がでると会社に出社できないほど、呼吸困難な状態になってしまった。
2年ほど休職と復職を繰り返していたが、ついに休職期間の満了と共に解雇を言い渡された。

「医者に通っていますが、発作の原因が今も不明なんです。調子の良い時もあるのですが、1週間に1回ほどは発作がでます。」

実家を2世帯住宅にした時に組んだローンは1800万円で月々10万の返済を行なっている。貯金はローンで目減りしていき、来月からは、両親の年金を充てるしかない状況になっている。
「今は体調が良い日は日雇いのバイトをしています。少しでも稼がないと、ローンの返済もありますし。実家の為、もし、ローンの返済が滞ってしまったら実家自体を競売にかけられてしまいます。両親も住んでいることですし、家を出て行くことは何としても避けなければありません。」

とはいうものの、日雇いバイトでは月に5万ほどの収入にしかならないという。生活費などを差し引くと、1万ほどしかローン返済に回すことができないため、両親の年金から9万を捻出することになる。

「両親も現状を理解してくれて家族で頑張ろうと言ってくれいますが、自分の不甲斐なさに情けないと思います。」

もともとは、将来の結婚の為に見越した2世帯住宅だったが、今は結婚どころではない。日々の生活にも困窮する状態になっていた。
だが、最近になって、徐々に発作の間隔が開いていく実感がある。もう少し改善すれば、正社員として働けるくらいになるだろう。と原さんは話した。


成功体験 金脈を掴んで謝金完済、完全復活の秘訣
借金苦ど底辺生活からお金の心配のない生活に復活した体験談とその秘策
転落借金人生からの完全復活。完済の秘訣とは

特集 新型貧困ルポ 現代のリアルがここにある!
30代女子貧困生活 会社のストレス発散でホストクラブ通いで借金まみれ
20代女子貧困生活 夢見た都会での暮らしが貧困生活に

・突然襲われた喘息の発作
・大手企業会社員の転職後の失敗
・期待の新人まさかの転落人生とは
・40代中堅企業主任の転落人生。何を間違えたのか?貧困まっしぐら。


おすすめ公式キャッシング会社おすすめ公式カードローンはこちら
おすすめ公式キャッシング会社おすすめ公式カードローンはこちら





キャッシングコンテンツ

  アコム、プロミス、モビットなどの大手キャッシング会社へ一括審査 を申し込めます。
 匿名で審査ができるので、個人情報が漏れる心配もなく安心して審査できます。


  キャッシングに は法定金利と呼ばれる法律で定められた金利の上限があり、それ以上の金利でお金を貸す ことが違法となります。
 もし、法定金利以上の金利でキャッシングしてしまった場合は、過払い金を取り戻すことができます。

  クレジットカードには、通常キャッシング枠をつけることができます。
 あらかじめ、クレジットカードを作っておけば、いざとなった時、審査の必要なくキャッシングをすることができます。(口コミ・体験談あり)


  クレジットカードは買い物するときに使いますが、 カードごとにショッピング枠という金額が設定されています。
 余っているショッピング枠を様々な方法で現金に変換するサービスです。
(口コミ・体験談あり)

  即日キャッシングする場合にはあらかじめ準備しておくことがありま す。
 審査が甘いキャッシング会社でも断られないように、キャッシングまでにノウハウを見ておいてください。
 スムーズにキャッシングする為の工夫やノウハウを紹介しています。

消 費者金融キャッシングローン

学生キャッシングローン